ホーム の中の サービス概要 の中の 商標登録出願

当事務所では、お客様の事業内容を十分に理解したうえで、最適な商標登録出願から権利化後の留意点、さらには外国における対応までを視野に入れたきめ細かいアドバイスを行っていきます。

商標とは、お客様の商品やサービスを他社の商品やサービスと区別するために使用される名称やマークであり、特許庁に出願・登録することで保護を受けることができます。

商標の出願は、特許等の出願に比べて簡単に行えるように見えるかも知れません。しかし、十分な知識を持っていない人が形式的に出願しただけだと、思わぬトラブルに巻き込まれたりします。たとえば、出願に際しては「商品・役務」の 区分を指定する必要がありますが、自分が取り扱う商品がどの区分に属するのかの判断は難しい場合も多く、権利化後に自分が取り扱う商品が保護対象となっていなかったというようなケースもあります。

また、近年では、単に商標の出願・登録をすれば良いということではなく、他社とのライセンス交渉や侵害事件への対応など、いざというときの備えを十分に行っておかなければ、大切なブランドを守っていくことができなくなっています。さらには、グローバル化した現在にあっては、アジア諸国をはじめ外国における権利化等にも十分な検討が必要になります。ユビランド知的財産綜合事務所は、欧米や中国、韓国はもとより、近年日中関係の緊張から新市場として注目を集めるミャンマーやカンボジアをはじめ、ベトナム、フィリピン、シンガポーなどの、アジア新興国における知的財産権保護にも多くの実績があり、各国大使館との煩雑な手続を代行するなど、海外進出を考える企業をトータルにサポートします。

※外国商標出願実績についてはこちらを御覧下さい。

ページトップへ

「商標登録なんて、まだまだ早いよ…」と思ってがんばっているうちに商品の評判が高まり、「さあ、いよいよこれから!」というときに、他社の商標権侵害を通知する「警告書」が送られるなんてこともよくあります。そうなりますと、それまでの努力によって築き上げた信用ある「店名」や「商品名」を変更しなければならなくなったり、商標を使用した商品の回収などによりお世話になった取引先に多大な迷惑をかけたりと、せっかく築き上げた信用を失うような事態を招くこともあります。

そのようなリスクを回避するためにも、事業が本格化するまでに商標権を確保しておくことはとても重要なことです。特に近年では、インターネットの普及などにより小さな営業主体であっても全国的に知られる機会が増加していますので、他者から権利行使を受けやすい環境になってきていると考えられます。

また、近年における知的財産への関心の高まりから、これまでは保護の対象とならなかった「小売店」の商標が認められるようになったり、「地域ブランド」を早い時期から適切に保護することができる地域団体商標制度が整備されたりと、ますます制度の充実が図られています。どうぞお気軽にご相談下さい。

ページトップへ

ご相談から出願までの流れはこちらを、
出願から権利化までの流れはこちらをご覧下さい